推しと付き合いたい!そんな貴方にPDCAをオススメします!

恋アイキャッチ 恋愛
スポンサードリンク
スポンサードリンク

はじめに

 

こんにちは!ボカロPのびくりむ(@victreamsub)です!

 

リスナーのみなさん!!

推しと付き合いたいですか??

 

びくりむ
びくりむ

僕も推しと付き合いたいです(まふまふさん)

 

でもなかなか叶わないのが

世の中なんですよね〜笑

 

リスナー
リスナー

私も〇〇くんと付き合いたい!!

オキニじゃ満足できない!!

びくりむ
びくりむ

うん、その原動力で痩せようね!

 

ということで、どうしたら推しと付き合えるのか?

PDCAって何?っていう話をしていきます!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

PDCAとは何か?

 

PDCA とは、こちらの記事でもお話しているのですが、

 

P:Plan(計画)

D:Do(実行)

C:Check(確認&修正)

A:Action(再実行)

 

のことです!!

 

リスナー
リスナー

なんのこっっちゃ!

びくりむ
びくりむ

これでもわからないのかい!

 

まぁ簡単に言うと、

行動する努力を継続してループするための仕組みですね。

 

これは何に対しても言えます。

リスナーと活動者(歌い手)に例えて見ましょう。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

PDCAができないリスナー

 

推しと付き合いたい!その一心で頑張っているリスナーさんがいるとします。

彼女はリプを送ります!

 

リスナー
リスナー

いつも歌聴いてます!好きです!!

 

反応がきません。

 

それでも彼女はがむしゃらにリプを送りまくります!

 

リスナー
リスナー

〇〇くんの歌しゅきぃい… 沸いた!!

 

 

けど反応されなくなった。

 

実はミュートされていた。というオチ

 

悲しい

 

リスナーが活動者と付き合うにはどうしたらいいか?活動者が考えてみた!【雑談たぬき】
僕は普段、ネットで音楽活動をしているわけですが、普段どんなことをしている人なのか、謎な人が多いですよね!だからこそ魅力的に感じるのかもしれませんね!笑そう、今回取り上げるのは恋愛です。リスナーさんが活動者と付き合うにはどうしたら良いのか?僕の経験談から考えていこうと思います。
スポンサードリンク

PDCAができるリスナー

 

同じシーンから、

推しと付き合いたい!その一心で頑張っているリスナーさんがいるとします。

でも彼女はリプを送ります!

 

リスナー
リスナー

いつも歌聴いてます!好きです!!

 

反応がきません。

 

ここです。

 

PDCAができる子は
ここでCheckをします。

 

『なぜ返事が来ないのか?反応が来ないのか?』

 

実は、その歌い手さんは、

 

頼られたり期待されるのが割と苦手

 

だった!とかね。

 

過去にそういうツイートをしているのを見つけたら勝ちです。

 

PDCAが出来た子は、次にこういうリプライを送るかも。

 

リスナー
リスナー

お疲れ様です!いつも仕事帰りに歌を聴いているんですが、今日は特別にやる気が出てきました!私も密かに頑張っています!素敵な歌を届けてくださって、ありがとうございます!

 

これはもう神ですね。

 

びくりむ
びくりむ

確かに言われたら嬉しいですね。

 

上の子は、活動者さんの特徴を理解し

あくまで私も活動者に近い形で社会に貢献し

頑張っています!と励ましのリプライを送っています。

 

 

PDCAが出来ない子は、もう頼りに頼っている感じですね。

これじゃあ上の例の活動者さんは疲れちゃいます。

 

 

他にも、

 

リスナー
リスナー

いいねをいつも押してるのに、認知してくれない!

とか。

 

例えば
Twitterbotと書いてあるツイートは、いいねが見えないアプリを使っています。

 

Tweetbot画像

 

いいねが多すぎる人は、

 

こういうアプリを使って非表示にしていることがあります。

 

 

これがあらかじめわかっていれば、いいねをしても認知してもらえないのは一目瞭然。

 

こういうことです。

 

恋愛は頭を使うんです!

 

Plan(計画)し、Do(実行)して、Check(確認)で直す、最後にAction(再実行)を起こし、軌道修正します。

 

これを繰り返します。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ドウデシタカ!!

 

アナタモ〜!

キット、ツキアエル〜!!(留学生)

 

冗談はさておき、

 

もし本当に推しと付き合いたいなら

 

この記事をきっかけに、

 

頭を使ったリプライを送ってみてはどうでしょうか!

 

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました