底辺歌い手・ボカロPがまふまふさんレベルになるにはどうすれば良いか、本気で考えてみた

音楽
スポンサードリンク
スポンサードリンク

はじめに

 

『僕もまふまふさんみたいになりたい!』

 

と願った結果、頭によぎりました。

 

どうしたら彼と肩を並べられるのか…??

 

僕みたいな人でも、彼のレベルまでいけるのでしょうか?

 

 

では僕のプロフィールをざっと。

 

YouTube登録者:5200人
Twitterフォロワー:3460人
ニコニコフォロワー:1100人

 

一番伸びている動画が
YouTube・ニコニコ共に星屑メッセージ

 

といった概要になっております。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

なぜこんなことを考えたのか

 

まふまふさんが好きというのもあるのですが

 

この時代の音楽業界で理想とする成功方法だと思っているからです。
もちろん今話題の米津玄師・あいみょん・Official髭男dismなど、音楽のみで大成功するのも良しです。印税すごいですからね。

 

まふまふさんはアーティストとしての成功だけでなく、作家・YouTuber・エンジニアとしての顔を持ち、アーティストとして衰えても全然生きていけるのです。

 

・アーティストとしての人気が衰えてもYouTuberで食べていける
・作詞作曲の印税がおそらく半端ない
・裏方のエンジニアとしても生きていける

 

流行り廃りはあれど、流石に廃れることはないと思いますので、まふまふさんレベル一歩手前くらいまで伸びれば、

 

・裏方の仕事で生きていける
・生涯生活できるお金を稼ぎ切る(セミリタイア)

 

ができるのではないかと思います。

 

夢の印税・広告収入生活ですね。

 

【レポート】まふワン行ってきました!!【新曲解説も!】
6月22日に、まふまふさんのワンマンライブ、『ひきこもりでもLIVEがしたい!〜すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム〜』に行ってきました!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

どうすればまふまふさんレベルになれるのか?

其の1:YouTuberになって時間を作る

まずは時間を作らないといけませんね。
社会人やりながらではきっとまふまふさんレベルに達するのは難しいかもしれないですね。

 

ということでまずはYouTuberになって、広告収入で生活することを目標にするのはアリだと思います。

 

僕も多分、社会人をやめてYouTuberとしての生活が中心になれば、時間はある程度出来ると思います。編集に時間はかかるかもしれないですが、通勤時間がなくなるのはありがたいです。

 

 

YouTuberのメリットは、広告収入ではない。

 

YouTuberはマジで勢いがやばい。

スカイピースのライブ写真をみたのですが、すごいですね… ここまで人を呼べるYouTuberはもうアーティストを超えてますね。素晴らしい。

 

 

やはりアーティストというのは人気商売。

 

YouTuberなど積極的に取り組んだ人が勝つのかもしれませんね。最近ではお笑い芸人がYouTube活動しているのをよく見ます。時代の流れを感じますね。

 

まふまふさんは音楽だけでなく、YouTuberとしての活動を積極的に行っています。音楽の動画投稿もしながら、すごいですよね。見習いたいです。

 

其の2:作詞作曲を自分でやる

YouTuberで人気になれたら、まずはオリジナル曲を作ろう!!

 

んで、誰に書き下ろしてもらうかって???

 

 

 

 

ちょっと待った!!!!!!

 

 

 

 

そのオリジナル曲、自分で作らないか?(ドン

 

 

 

というのも、アーティストというのは本当にシビアでして、歌ってる人気アーティストにはお金があまり入らないんですよね。

 

印税は主にどこから入るのかというと

・カラオケ
・店内放送
・パチンコ
・CD

などなど

 

ざっくりこんな感じですね。

 

印税が入ってお金を得られるのは、レコード会社(半分以上)・作詞者・作曲者(2〜5%くらい)なんですよね。

 

まふまふさんの作詞作曲された曲はとてもクオリティが高く、感情も高ぶるような楽曲が多いです。友人から提供依頼がたくさん来るのもわかります。

 

アーティストとして長く生きていきたいのであれば、自分で作詞作曲するべきであることは明白なんですよね。

 

其の3:編曲&Mixingも自分でやる

この辺は裏方の話です。

 

まふまふさんは編曲やMixingも自身で行っています。

半端ないですね。

天才です。

 

 

だいたいのアーティストの編曲(アレンジ)やMixing・Mastering業務というのはプロがやっていることが多いですね。

 

鳴ってる音すべてアーティストの音と思うのも無理はないです。
作曲してるからと言って、編曲(いわゆるカラオケ音源)までやっているわけではないんですよね。たまに自身でやっている方もいます。

 

まふまふさんはアーティストとしてだけでなく、編曲・Mixingなどのエンジニア業務でも評価を受け、友人や有名アーティスト・有名企業への楽曲提供もしています。

 

自身で音源を完結できる能力は持ち合わせて損はないと思います。
音楽で生きていきたいのであれば、この辺の技術も必要ですね。

 

 

其の4:収益の柱を作りまくる

其の1〜其の3まで紹介してきましたが、YouTuberとしての広告収入はともかく、作詞作曲の印税や編曲・Mixingなどの依頼料金だけでは食べていけない(かもしれない)

 

何をするにも、お金が必要だったりします。

 

ということでまず収益の柱を作ろうと思います。

 

考えられる収益の柱はこれ

・YouTubeサブちゃんねる
・ブログ
・グッズ・CD・アパレル

ざっくりとですがこんな感じ。

一個ずつ説明していきます。

 

YouTubeサブチャンネル

 

最初にYouTuberとして広告収入を得ようって話をしたと思うのですが、危険性を一つ。

・YouTubeチャンネル削除の危険性
・広告収入がなくなる危険性

があります。

 

YouTubeチャンネルが削除されてしまったら、広告収入が入らないのはもちろんなのですが、CDやグッズを訴求する人たち(影響力)を失ってしまうんですよね。

 

勿体無い!!

 

あと広告収入がなくなるかもしれない件。これはあり得るかはわからないのですが、将来稼げなくなる仕事というのは、時代によって変わります。YouTubeも稼げなくなるかもしれません。

 

なので!

サブチャンネルという避難所を作って、収益の柱を増やそう!ということです。

 

ブログ

 

ブログは今やってるやつですね。
今ブログをはじめて3ヶ月目くらいなのですが、ざっくり5桁は貰えてます。

 

5桁円いただけると、オリジナル曲の制作費に充てることができたりして結構ありがたいんですよね。

 

普通にツイートで書ききれないものを書いても良いし、僕だったら最近は自分の楽曲の歌詞を載せてますね。

 

収益の柱を増やすという点でも、ブログはやっても良いかなと思います!

 

グッズ・CD・アパレル

 

結局将来、広告収入という概念がなくなるかもしれない。
収益化が止まるかもしれない。
生活のほとんどを、YouTubeの広告収入に頼るのって結構怖くないですか?

 

やはり自分の商品を売る必要がありますよね。

商品があれば広告収入に頼る必要がなくなります。

 

 

以上3点が、収益の柱を増やすというお話でした!

 

其の5:とにかく継続投稿

YouTubeでのカバー動画や検証動画もそう、オリジナル曲もそうですが

 

とにかく継続して投稿することが大事です。

 

今のYouTubeでは、毎日投稿が当たり前になっていて、視聴者も毎日の更新が習慣になっている場合が多いです。

 

毎日投稿はできなくても、定期的にクオリティの高い動画を出すことは必須でしょう。

 

継続して投稿ができれば、少しずつですがチャンネルは大きくなっていくと思います。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ということでまとめると

●YouTuberになって時間を作る

●作詞作曲を自身で行う

●編曲・Mixingも自身で行う

●収益の柱を作りまくる

●とにかく継続投稿する

 

 

とにかく継続が大事。

まふまふさんも継続してなかったらここまで来れてなかったと思うのです。

 

ひきフェスの14人全員、動画投稿は続けています。みなさん努力の天才です。

彼らがやってるんだから、僕らも定期的に投稿しないとですね。

 

 

ということで、個人的な見解でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

ではでは。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました